福岡のり

 

ムラサキシタビラメ

   

主な漁法:固定式刺網 漁期:周年 旬:冬〜春 大きさ:体長25cm 方言:クッゾコ、イシワリ

有明海にはムラサキシタビラメ、アカシタビラメ、イヌノシタ、シマウシノシタの4種のウシノシタ類が生息し、一般にクッゾコと呼ばれています。湾奥部の干潟 は幼魚の育成場となっています。なかでもムラサキシタビラメは大型で肉が厚く、最も美味で好まれます。刺身、煮つけ、ムニエル、から揚げなどに料理されます。

copyright (c) fukuokaariakekaigyoren All rights reserved.