福岡のり

 

サルボウ

主な漁法:じょれん 漁期:周年 旬:春 大きさ:殻長5cm 方言:モガイ、ミクロゲ、アカガイ

クマサルボウより比較的浅いところに生息しています。アカガイに似ていますが、それよりも小型で、殻のスジの数が少ないので見分けがつきます。じょれんと呼ばれる漁具で 船の上からとるため大変な労力と熟練を必要とします。主にむき身にして缶詰にされますが、ショウガ醤油で煮たり、佃煮などにも加工されています。

copyright (c) fukuokaariakekaigyoren All rights reserved.